• 宿便の特徴とは

    お腹に便がずっと溜まっているという意味でよく使われる「宿便」という言葉があります。その宿便の特徴を見ていく事で通常の便との違いが分かってきます。

     

    宿便の特徴は一般的には、数週間程度以上( または1ヶ月以上 )の長期にわたり腸壁にこびり付いている便のことを指しています。

     

    便秘である場合には出ない期間が長くなると痛みを伴ったりしますが、宿便はそのような苦しみがない特徴があり、自覚症状がないことから、普段から快便が続いていても 知らない間に腸内に多く溜め込んでいるかもしれないのです。

    鳥

    正常に排便ができているような方で2キロ程度、便秘も伴って排便が困難である方は3キロ以上溜まっているとも言われています。

     

    この宿便については否定的な意見も多く、実際に「見たことがない」という考えが大半を占めています。

    宿便を出す方法として一般的となっている断食を1週間ほど行った方の場合では、「見たこともない大量の便が出た」と言う方が多くいます。 明らかに通常ではない大量の黒いの便で、非常に臭い特徴があるので、「これが宿便でないなら何なのか?」という議論になっています。

     

    宿便を出す方法は、ダイエットデトックスを兼ねて数日から1週間ほど行う宿便 断食がありますが、やはり食事をしないことにより体力的に問題となり日常生活に支障がでます。

     

    最近では、1日から2日程度の短期間、もしくは、野菜ジュースやフルーツジュースを摂取しながらのプチ断食と言われる方法が行われてきています。