• 女性ホルモンが影響する

    宿便を出す方法方法に悩んでいるという方は決まって女性だったりします。なぜ女性に多いのか?という疑問が出てきますが、最も大きな原因は女性ホルモンにあります。

     

    女性は生理が順調になるように女性ホルモンの黄体ホルモンが分泌されます。このホルモンは整理前に分泌量が増えてきます。この黄体ホルモンは、体温を高めたり、妊娠に備えて体に水分を蓄える働きをします。水分を吸収された食べ物は、硬い便となってしまい排泄が困難となります。

    きゅうり

    そしてもう一つ、黄体ホルモンは腸のぜんどう運動( 便を前に押し出していく運動 )を抑制します。便秘になってしまう直接の原因はここにあります。また、妊娠すると赤ちゃんを守って順調に成長させるために、黄体ホルモンの分泌量が増えます。それに応じて腸のぜんどう運動も さらに抑制されてしまいます。

    生理前だったり妊娠の初期に普通に排便できた方が急に便秘になってしまうのはこのような理由があります。宿便を出すために断食を計画するときも自分の体調とホルモンの関係を知っておくようにしましょう。

     

    ちなみに、生理前に食欲が増すのも黄体ホルモンが影響しています。