• 悪玉細菌が増加すると

    宿便が溜まってしまうのは、腸の活動力が落ちてしまっていることが原因となります。腸内を活性化するには腸内細菌が活性化する必要がありますが、これを停滞させてしまい、便を腐敗して硬くしてしまうのは悪玉菌が強く関係してきます。

     

    人間の腸内にな無数の細菌が生息していますが、排泄物を腐敗させ、有害物質を作ってしまう悪玉菌が多くなってくると排泄物の悪臭が酷くなり、ガスの量も増えてきます。

    晴天

    悪玉菌と言われていても、排泄物を処理するには必要な面もあるため悪玉菌を全てなくすことは出来ません。悪玉菌と善玉菌のバランスが大事でこれが崩れると、他の菌にも悪い影響が出るとされます。

     

    この菌のバランスは、食事を改善することで自分でよい腸内環境を作ることができますので、善玉菌を増やす為の食生活に変えていくことです。その基本となるのがビフィズス菌を多く含んでいるヨーグルト、そしてビフィズス菌の餌の役目をするオリゴ糖です。

    宿便は食事の内容が悪かったり、ホルモンの影響などで腸の活動力が落ちてしまっていたりといくつかの要因がありますが、食べ物を変えること、腸内がどのようになっているのかをよく考えることが必要になります。宿便を取るサプリに頼らずに、自分の力で排泄できるようにするには何が必要かを考えてみましょう。