• 便秘薬にたよってしまうこと

    ネットを見ていると、宿便を出す便秘薬を販売している薬局があるとの情報があったので、局のHPを探してみました。

     

    すると宿便に関しての専門の薬を売っている薬局を見つけました。宿便を出す方法から宿便を取るサプリ、そして最も効果が高いという薬を販売しています。

     

    私が一番注目したのは、宿便の状況を説明する文です。健康な方でも常に宿便を持っており、2~3キロはあるとのことです。

    そして、腸の壁には張り付いている、ヒダにこびりついているという説明です。宿便が壁に溜まってくると便が通る道が細くなってくるので、通常の便が細くなるということ。そして、この宿便が溜まる状態が進むと腸の中が完全に埋まってしまい酷い便秘になるという説明でした。

    橋

    宿便の考え方は、宿便がであると言われる原因となった内容がフルコースですね。薬局が説明するので本当のことである・・・と信じる人が沢山いると思います。

     

    私としては、間違った説明ではないか?とも思いますが、実際に間違っていることを証明する人もいないことから、否定することも出来ないように思います。宿便に関しては自分で情報を集めて、本当のことはどれなのかを考える必要があります。

    宿便解消の薬を販売している業者でも、嘘を言っているのではなく( 分かっていながら嘘を言う業者もいると思いますが )親切に説明しているが、その内容については他人の受け売りだったりするのでしょう。実際にお腹を見ることは困難ですので、正解であるか、間違いであるかを判断することは出来ません。

     

    腸の中に大腸ファイバーというカメラを入れることもありますが、その検査の前には、強力な下剤で中に入っている排泄物を根こそぎ出してしまいます。なので、カメラを入れるときには腸の壁以外は何も映りません。

     

    この状態を見て、宿便は無いと判断するのも多少問題があります。