痔が影響すること

2015年2月25日

前に私の母の事を書きましたが、私の母は、便秘症であるのですが、数年前からにも悩まされているようです。その原因はいたって簡単なんです。便を出そうと就寝前にはトイレで長時間踏ん張っているようなのです。

これにはさすがに医学知識の乏しい私でも悪いことであるのは想像できます。出るかも分からない便を一生懸命だそうとして気張っていたら痔にもなります。

痔になってしまうのは解説が困難である事が要因

どのタイプの痔であるかにもよりますが、たぶん普通で手は行けない部分が肛門から出てきてしまうアレでしょう。ちょっと痔に関してはまだ知識不足なので詳しいことは分かりませんが。

話は変わりますが、私はそれほど肥満な体型ではないのですが、下腹はしっかりぽっこりしています。これは、たぶん宿便ではないかと考えています。

宿便の可能性が痔に影響してしまう

肥満になると脂肪を体に蓄えますが、もっとも多く集まるのがお腹です。なので、蓄積した脂肪分が私の場合は下腹だけに集まっているという事なのかもしれませんが、ちょっと一カ所に集中しているような気がします。

私はさすがに普通に排便はできるので、便秘薬を飲もうとは思いませんが、一度この脂肪なのか宿便なのかが無くなるのなら試してみたいとは思います。

快便であっても宿便が存在するかもしれない

宿便は、常に排泄物が溜まっているという考えです。快便であるから宿便は溜まっていないという考えは違うようです。便は出てても、出てくれない便が溜まったままであるということ。

また、別の考え方としては、私たちの腸には数え切れない細菌がいるそうで、これは私たちが生まれてから今まで育ててきた菌であると言うこと。これを腸内洗浄などでごっそり洗い出してしまうことは、良くないことという考え方もあるようです。

深く考えすぎると痔になってしまう要因を増やす

強制的に便を根こそぎ出し切るってのも良くないことなのかもしれません。でも腸の検査(大腸ファイバーなど)をする前には、洗浄しちゃいますよね。

このHPは宿便を出す方法について書いていますが、便秘と宿便の違いは何なのか?については、ちょと難しいといえます。普通に排便できている人でも多少の宿便は常にあるという考えだと全ての人間は宿便持ちとなります。さすがにこれは間違ってますよね。

最近では、宿便のプチ断食が話題になったりしています。でもこれは宿便を取る事よりもダイエット目的のようです。ダイエットに有効な断食で、さらに宿便を出すとの考え方ですね。

Posted by admin