大腸ファイバーで腸内をチェックできる

2015年2月25日

宿便解消の薬や、「宿便を取るサプリ」などもよく見るようになり、宿便という言葉は薬やサプリを売るときの売り文句になってきています。

医者が認めない言葉で、健康食品を販売する業者が勝手に作った言葉というのも納得です。この影響で、宿便を出す方法を真剣に考える方もいれば、宿便はなので、議論するのも無意味であるという考えの方に分かれるようになってきました。

大腸ファイバーで腸内を検査できる

黒い色の宿便を実際に見た人も多いので、腸の古い細胞が剥がれ落ちた残骸が多くなると宿便と言われるのか、もしくはその他、固形で排泄される物があるのかを確かめる必要があります。

宿便をチェックするためには、内視鏡(大腸ファイバー)検査が効果的です。これは胃カメラと同様に自在に曲がるファイバースコープであり、肛門から挿入して大腸全体を確認することができます。

ポリープや腫瘍などの症状を確認できる

この大腸ファイバーを利用する事でポリープの発見や残留便などを確認することができます。そして、宿便が存在するのかを確認することが可能となります。

胃腸科にて大腸ファイバー検査をするときには、下剤を飲まされます。しっかり排便してからカメラを入れますが、下剤で出すときにも、カメラで映った映像にも宿便らしい物体は見つかりません。このことを基本として。断食の時に出てくる排泄物について考えることです。

私自身、宿便が溜まっているとは思いませんが、いつもは下腹がぽっこりしているのに、お腹を下げてしまい、何度もトイレに入るようになったときには、お腹がスッキリしたような感じがします。普通は出なくて溜まっていた物が出たのかも・・・と思っていますが。

胃腸科の医師が宿便を見た事がない

宿便という物は、長期にわたり腸の内壁にべっとりとくっついているものであり、通常の排泄があっても流れていかない溜まった状態の便である・・・とされています。

ところが、大腸ファイバーで腸を観察することの多い胃腸科の医師からすると、腸内を観察しても腸の中には壁にこびりついている便というのは確認できていないとのこと。( 内視鏡:大腸ファイバーにて視ることの出来るのは大腸であり、小腸の内部をカメラで撮影することは今のところできません )

患者本人も大腸ファイバーの映像を確認できる

最近では、腸の病気が疑わしい場合には、腸内を大腸ファイバーで見てチェックします。その時のカメラの映像を患者本人も見ることも出来ます。

モニターに映った腸の中の映像は、きれいな肌色( またはピンク色 )をしていてべっとりついてるヘドロのような便を見た方は一人もいないようです。

この腸を観察する前には、腸を洗浄してから行うのですが、その時にも異常なほど大量の便だったり非常に臭くて黒い色の便( 宿便 )のような状態は見られないということです。

やはり宿便を存在を証明するのは困難

医学的に見て宿便を証明するのは難しそうです。

宿便の出し方については、効果があるとされる断食をする方は、通常では見られない便が出ると言いますが、この便の成分は腸内の細胞の残骸が大半を占めているのではないかとも言われています。腸の内壁の細胞は代謝が早く古い細胞は残骸となり便に混じります。他の排泄物が無い状態では細胞の残骸の割合が高くなり、異常な色や臭いとなるのではないでしょうか。

Posted by admin