医学的に見た「宿便」

2015年2月25日

排泄されないで長期間腸の中に溜まって便のことが宿便であるとされていますが、 「宿便」 は医学の専門用語ではありません。

腸の内側の粘膜( 細胞 )は日々生まれ変わるので、宿便のイメージのように腸管内にに排泄物がこびりつくというような状態のままで存在することが出来ません。

医学的には滞留した便である

そして、宿便を出すためにしばらく断食をすると、通常見たことのない量の便が排泄される方がいますが、これは食事の摂取量と胃や腸の消化能力とのバランスがとれなくて滞留してしまっていた便がまとめて出てしまった状態であるようです。人によって考え方が違ってきますが、基本的にはこの便このとを宿便という言葉を使って表現しています。

ただ、医学の言葉では宿便とは言わずに、最も近いとされる言葉が「滞留便」としてます。

たまった便が押し出せなくなっている

腸の中を便が前に進みにくくなっている状態のことで、後から入ってきた食べ物は、前方に溜まっている排泄物につまり、順調に押し出せなくなっている状態のことです。

しばらくの間、食事を減らすこと、あるいは宿便の断食をすることで、胃と腸の働きを休めてリセットし、お腹の働きを高めるようにする方法をとります。

医学的には否定されることが多い

胃と腸のリセットをすると、これまで見たこともないような黒い色の便が大量に出ること事があり、臭いも非常に臭いことから「宿便」と言っています。通常の便とあきらかに違うので、このような言葉が使われるようになっています。

ただ、医学的には「便秘」という言葉も該当しないので、便が出ないときには下剤と同じような働きのある薬が処方されます。そのため、便秘がひどくなって宿便の状態となっても対応は同じとなります。

そのため、医学的に「宿便があるか?」と聞かれると「ない」という考え方となります。

Posted by admin