宿便解消と薬について

2015年2月25日

宿便( 滞留便 )は、胃・腸の働きが停滞することが原因により、排泄物の消化・吸収などが間に合わずに処理できない排泄物が溜まっていくことです。

宿便の状態が続くと、排泄物が体温で温められるため腐敗してしまいます。そして有害物質が作り出され、やがて腸の壁から吸収されて血液に入っていきます。この汚れた血液が体全体に流れることで、皮膚が荒れて吹き出物が出来る、疲労感:だるさがずっと残る、冷え性や、他の病気の原因となります。

そして、最も問題なのは、この有害物質の中に発ガン性物質があることです。現在、女性の死亡率で最も多いのが大腸ガンですが、この大腸ガンになる原因の中には、便が溜まって排泄が困難となる便秘があります。

宿便を解消するには 食べ物を一定期間口にしない断食をして、胃と腸を休めます。そして数日後には活力が戻り、腸に溜まった排泄物をまとめて出すことが出来ます。断食を実行する時には生活や仕事への影響が考えられますので、困難である方は他の方法を考えるようにしましょう。

食事を改善し腸内の便の質を良くして宿便解消する方法

宿便になる原因は幾つもありますが、最も影響するのが食事です。肉中心の欧米型の食事を好み、野菜や海草などの食物繊維の摂取量が少ない事。そして水分の摂取量が少ない事です。

その他、女性ホルモンの影響や運動不足、ストレスが影響していることもあります。特に若い女性の場合には、外食が多かったりダイエットに挑戦していたりと食生活が乱れがちです。

食物繊維の多い( ごぼう・ニンニク・エンドウ豆・わかめ・昆布・ひじき・大豆・ブロッコリー)などを摂取しますが、張りがひどい時は、食事を数回、または1日断食して腸の活動に合わせること。正しい食事バランスと適度な運動、そして生活スタイルを崩さないことが大事です。

薬の使用は控えること

他の方法で宿便を解消できないときには薬や下剤を使ってしまいます。

薬を飲んだ経験がある方も多いと思いますが、お腹に痛みを伴ったり、排便後も違和感が続いたりします。薬や下剤は、体が本来行うべき排泄の運動を無視して強制的に腸を刺激( けいれんのような状態に )して排泄します。

このとき、排便の運動( 便を押し出す筋肉の動きや神経伝達 )を使わずに便を出すので排便の機能が低下してしまい、次に宿便が溜まってきた時にも排便の運動が困難となります。

この刺激を繰り返すと腸が刺激に慣れていくので、いつまでも便秘薬に頼ってしまう悪循環となります。一時的に薬で排泄できたとしても、その後も宿便が溜まる状態となります。

宿便解消の方法とは

宿便を解消するには、自分で排便できるようになることです。薬に頼らず、食事の改善、水分量の確保、運動を取り入れた生活習慣。ストレスを軽減すること。食事の時間、トイレに入る時間、就寝時間を守るなど生活を改善し、排泄運動をする 腸のぜんどう運動を活性化していきます。

Posted by admin