腸の隙間に溜まっているのが宿便である

2015年2月25日

非常に長い腸は、お腹の中にクネクネと曲がった状態で入っています。そしてその表面は、まっすぐではなく凹凸が繰り返されており、その凹んだところや腸の曲がり角などに押し出されずに溜まっている便があり、その便のことを宿便と言っています。

これは、配水管のパイプの内側にべっとりとヘドロがついているようなイメージとなります。

凹凸のすき間に溜まっている宿便

この状態が続くと、腸の本来の機能である必要な栄養を吸収する働きが低下してしまいます。そして、この滞留している便の腐敗が進行して有害物質が発生することが考えられ、これらが体に吸収されてしまうと、血液が汚れてしまい、肌荒れ、冷え性、肩こりなどの原因となってしまいます。

腐敗した排泄物からは発ガン性の物質も作られることから、大腸ガンの原因にもなっています。腐敗した便を溜め込まないように宿便解消の生活へ改善していきましょう。

最近では、腸の隙間やヒダの間にこびりついている便や、腸の壁にべったり貼りつつ便というのは、あり得ない現象であるとして、宿便はであるという考えが広がっています。

古い細胞の残骸が排泄される

腸の中の細胞は代謝が活発で日々新しい細胞に生まれ変わり、古い細胞は残骸として便に混じって排出されます。どんどん腸の壁が新しくなるので便が張り付くことは無理であるとされます。そして、大腸ファイバーで大腸内を観察しても、パイプのヘドロ状態の便は見つかっていません。

腸の中にべったりしている宿便であったり、その宿便が溜まりに溜まって腸の中の穴が小さくなってしまうなどの話を否定するには、もっともらしい根拠が必要になります。

このHPでも何度か書いているように、腸の内側の細胞は代謝が早くて、数日で新しい細胞を生まれ変わります。古い細胞は捨てられてしまうので、その細胞にくっついていた宿便も剥がれ落ちてしまいます。

万が一にも、生まれ変わった新しい細胞へまたくっつくのなら、宿便が生き物のように寄生する能力があることになります。そんな気持ち悪い現象は、絶対に有り得ないので宿便は腸の細胞の生まれ変わるサイクルで腸の壁から落ちてしまいます。

つまり、腸の壁には1日~2日程度しかくっついていない事になります。なので、宿便が壁に溜まりすぎて、腸の穴が塞がってくるという事は考えられない事と言えます。

すき間に溜まっている便を宿便とするのか?

恐らく医学的にもこの様な説明になると思いますが証明するには、その状態をカメラで撮影することが必要になりますが、この状態で大腸にカメラを入れたところで便ばっかりなので撮影する事なんて無理なこと。

そして、レントゲンを撮ったら、確かに便で膨らんで( 詰まって )いる状態を見ることは出来ると思いますが、これが、壁に宿便が溜まったことで、腸の穴が塞がってしまい、便が出られなくなったことを証明することはできません。

体を輪切り状態で確認できるMRIで動画のように時間の経過を観察できれば、腸の壁に溜まってくる宿便を観察できそうですが、恐らくこんなくだらない事に使うことは無いと思います。X線を長時間当てることは体には良くないことだったはずです。

理論的には可能であるという判断になる

宿便の実態については、想像した内容だったり、理論的には可能・・とかの域でしか判断できないので決定的な判断は出来ませんね。呼び方は何でも良いですが、宿便が溜まったらしっかり出す必要があるということ。

宿便を出す方法は、宿便解消の効果が期待できるお茶宿便を取るサプリなどを摂取して食事、運動ストレス解消などを総合的に良くしていく必要があります。

Posted by admin