宿便を取るサプリについて

2015年2月25日

宿便とは、「腸に問題があり、排便されずに排泄物が数週間( または何ヶ月も )溜まってしまうこと」という考え方になります。しかしこの状態は、医学的に見るとあり得ないことであり、長期間排泄されずに留まるのは難しいということです。

腸は絶えずクネクネ動いており、これのヒダの中に便が溜まってしまうという事も難しいし、そもそも腸内の細胞は、生まれ変わる頻度が非常に高いために、毎日細胞の残骸を出しているということです。つまり腸の壁に長年くっついているという事な無理なことなのです。

宿便対策にサプリを使う方法

私たちがイメージしている宿便とは、腸の働きが落ちてしまい、次々と送られてくる食べ物を処理できない状態である「滞留便」のことであるとされます。この滞留便の状態の場合、食べ物を入れる頻度を下げて腸の動きに合わせることで改善が期待できます。

あまりにも腸内に便を溜め込んだ状態が長く続くと、やがて排泄物が腐敗してガスが出たり宿便が溜まっていくので、専用のサプリなどをつかって対策していく必要があります。

宿便を出すためにできること

宿便なる原因は幾つもありますが、最も影響するのが食事です。肉中心の欧米型の食事を好み、野菜や海草などの食物繊維の摂取量が少ない事。そして水分の摂取量が少ない事です。

その他、女性ホルモンの影響や運動不足、ストレスが影響していることもあります。特に若い女性の場合には、外食が多かったりダイエットに挑戦していたりと食生活が乱れがちです。

食物繊維の多い( 大豆・ニンニク・エンドウ豆・のり・わかめ・ひじき・納豆・おから・椎茸)などを摂取しますが、張りがひどい時は、食事を数回、または1日断食して腸の活動に合わせること。正しい食事バランスと適度な運動、そして生活スタイルを崩さないことが大事です。

アンバランスな食事よりも宿便のサプリを使う

生活スタイルを改善するにしても、すでに下腹がぽっこり張っている状態が数日続いている場合には、強制的に出す方法を考えるのが先になります。そこで、まず考えられるのが便秘薬です。

飲んだ経験がある方も多いと思いますが、お腹に痛みを伴ったり、排便後も違和感が続いたりします。これは便秘薬が腸に強い刺激を与えるためで、この刺激を繰り返すと腸が刺激に慣れていきますので、いつまでも便秘薬に頼る悪循環に陥ってしまい、便秘は悪化していきます。

そのため、宿便解消の目的にあった宿便サプリを用意するように心がけるべきです。

Posted by admin