便秘と宿便の違いとは?

2015年2月25日

便秘は肉類中心の食生活や、生活スタイルの悪化( 間食の摂取量、夜食、夜更かし、寝不足 )、運動不足、女性ホルモン( 黄体ホルモン )の影響、ストレスの影響などにより腸の働きが停滞してしまい、排便が困難になることです。便が長時間腸内に滞在すると、その間にも腸壁から水分が吸収され、便が固くなることにより、さらに排泄が困難な状況になります。

そして、宿便は、腸の働きが停滞してしまい、食べ物の処理が間に合わなくなり、やがて排泄できる便と滞留し続ける便ができてしまい、この状態で滞留した便が増え続けるとお腹がぽっこりした状態になります。この長期間滞留した便のことを宿便と言います。

便秘と宿便の違いを明確にする

宿便は、普通に排泄ができる状態の方でも いくらかは常に腸内に滞在しているとされます。ただし、この宿便という言葉は、医学的には存在しないとされている言葉で、最も近い言葉では「滞留便」があります。

便秘も宿便も どちらも腸の働きの低下により便が排泄できない状態であることを指していますので対処法に大きな違いはありません。

便秘も宿便も食事の内容が原因の一つ

宿便になる原因は幾つもありますが、最も影響するのが食事です。肉中心の欧米型の食事を好み、野菜や海草などの食物繊維の摂取量が少ない事。そして水分の摂取量が少ない事です。

その他、女性ホルモンの影響や運動不足、ストレスが影響していることもあります。特に若い女性の場合には、外食が多かったりダイエットに挑戦していたりと食生活が乱れがちです。

食物繊維の多い( 大豆・ごぼう・いんげん豆・青海苔・昆布・ひじき・納豆・おからこんにゃく)などを摂取しますが、張りがひどい時は、食事を数回、または1日断食して腸の活動に合わせること。正しい食事バランスと適度な運動、そして生活スタイルを崩さないことが大事です。

便秘薬を使うとクセになるので控えるようにする

生活スタイルを改善するにしても、すでに下腹がぽっこり張っている状態が数日続いている場合には、強制的に出す方法を考えるのが先になります。そこで、まず考えられるのが便秘薬です。

飲んだ経験がある方も多いと思いますが、お腹に痛みを伴ったり、排便後も違和感が続いたりします。これは便秘薬が腸に強い刺激を与えるためで、この刺激を繰り返すと腸が刺激に慣れていきますので、いつまでも便秘薬に頼る悪循環に陥ってしまい、便秘は悪化していきます。

Posted by admin