水に浮く便とは?

2015年2月25日

宿便とは何なのか?って何度も考えていますが、その答えは、人によっての解釈が違いすぎているので何でもアリでもあったり、全てを否定して宿便はであると、どちらの考え方も正しいように思えてきます。

宿便の真実については、これからも追求していく必要があります。看護婦さんが無いと言っていたから無いではなくて、実際に断食を実行して、黒い色の宿便がやっと出た。という方もいます。

水に浮く便と沈む便の違いとは

これが普段の便と何が違うのか?と聞かれると答えられるか気になりますね。成分は確かに違ってきますが、同じお腹で作られて、同じ肛門から出てきた物です。そして、食べ物によって作り分けることも出来ないので、食べた物も同じとなります。

宿便の状態は、長期間便が溜まるので腐敗が進行した便となります。この様な便は水に沈むのだそうです。これは、悪い便について調べていた時に偶然見かけたのですが、「 健康な便は水に浮く 」と書かれていました。

健康であれば水に浮く

私は、いつも便を眺めることはないのですが、ほとんどの場合沈んでいるように思います。お腹を壊したときには、小さな便が大量に水面に浮いているようなイメージがありますが、下げたときには水だか便だか分からないので判別も難しいですね。

いつも、宿便を出す方法や宿便を取るサプリの事などについて考えているので、宿便は浮くか?沈むか?なんて考えたこともありませんでした。

状態の悪い宿便であれば沈んだ便となるはず

便秘で悩んでいる方などは、便が出たときには便の状態を確認するらしいですが、便秘の方の便は便秘の期間によっては全て沈んでいるということになりますね。

健康の事を考えると宿便に関係なく自分の便を眺める習慣にすることが必要かもしれません。

Posted by admin