センナリド 効果について

2015年2月25日

宿便が溜まってしまい、食事を改善したり水分を多めに補給したりと改善を試みて出ない時には、浣腸や、腸内洗浄をしたります。

便秘薬でもよいのですが、出来るだけ医療機関から処方される薬にして自分のお腹にあった薬を選ぶことが重要になります。今日は、このときに処方されるセンナリドっていう薬についてです。

センナリドとは?

センナリドは、専門の薬の説明サイトには、大腸粘膜を刺激して蠕動運動を活発にする薬とあります。刺激を与えて便を押し出すタイプの便秘薬なのですね。

センナリドは排泄を促す薬

センナリドは、比較的副作用が出にくい薬であるとしながらも、嘔吐、腸閉塞、亭カリウム血漿、めまいとか、副作用の例がいくつもあります。この症状の名称を見ていると怖くなってきます。

多少の副作用が心配される

これでも副作用が比較的少ないはずなので、私達の見慣れたピンクの小粒はもっと影響があるはずです。実際にひどい腹痛になったという方は結構いるのです。

医療機関においては、宿便はたいして酷い症状だるとは見ないことが多いので、センナリドの便秘薬を処方することは多いはずです。

もともと排便できないことを病気のジャンルに入れていないということですね。排便運動が停滞して困難である方という扱いになるのでしょう。

病院でセンナリドを処方してもらう

便が出ないと申し出れば、センナリドの便秘薬を普通に出してくれます。現状の問題を解決することが優先されるということのようです。

あくまで便が出ないのは患者の自己管理がなっていないということ。食事や運動、ストレスなどを改善してお腹の働きに良いことをしていき排便機能を改善していきます。

これもお決まりですが、医者に宿便が溜まっていて困っているといっても医者としては、宿便という言葉を使いませんから、適当な相づちを打って便秘薬を出してくれるでしょう。

センナリドを処方してもらうとき

宿便を出す方法や、宿便を取るサプリをテーマとして情報をまとめています、宿便を解決すること( 排泄が困難であることを解決する )のは医者としては専門外となるのですね。あくまで自己管理の範囲となります。

宿便解消の薬やプチ断食で宿便を出す方法などは、私達で解決することですね。薬に依存はまずいですが、食物繊維の食事に切り替えて宿便のお茶を毎日飲んで、運動していくこと。宿便の解消は筋トレのように自分の体を鍛えていくことなのですね。

Posted by admin