過敏性腸症候群とは?

2015年2月25日

宿便を出すために試行錯誤が必要となりますが、その反面予想外に排泄する頻度が増えてしまう場合があります。この症状が過敏性腸症候群です。

過敏性腸症候群とは大腸の蠕動運動や分泌関連のトラブルが関係する症状

何故か便器の状態がいつまでも続いてしまったり、お腹を悪くしてしまうような食事をしていないにもかかわらず、腹痛の症状が現れたりする事があります。

過敏性腸症候群と宿便の問題

過敏性腸症候群の症状の問題点は、下痢をする事があったり、腹痛を伴ったりするなど明らかに胃腸に問題があるかのような症状が出るにもかかわらず、精密検査を行っても大きな問題点が見つからない場合が多いことです。

どうしてこのような症状が起きてしまうのか、いくつもの問題点が考えられるのですが最も有力視されているのが以下です。

ストレスで大腸が過敏になっている状態

この過敏性腸症候群が関係して宿便が溜まってしまうことも考えられます。

社会的なストレスを軽減させる必要がある

社会人として生活しているとどうしてもストレスを受けてしまいます。男性でも女性でもストレスを感じると大腸の働きが低下します。あまりにもストレスが強すぎると脳下垂体からストレスホルモンが放出されるため、過敏性腸症候群となる可能性が高まります。

男性の場合は、下腹部に違和感を感じてトイレに行きたくなったり、逆に女性の場合にはトイレに行かない日々が長期的に続いてしまいます。その結果、大腸に残留便を大量に保有する事になってしまい、宿便が溜まって出せなくなってしまった状態となります。

自分で問題点を見つける事が最良である

過敏性腸症候群の影響で排泄の頻度が減ってしまい、宿便に関連するトラブルが発生してしまう状況を回避するには、自分のストレスレベルをチェックする時間が必要となります。

ストレスを解消し、自分のペースで落ちついた生活習慣を送ることが出来るようにするために時間を設ける事が重要となってきます。

毎日の生活に運動習慣を取り入れる方法や、楽しい時間を予定に入れていく生活習慣にしていく事により、過敏性腸症候群の症状を抑えることができるはずです。

Posted by admin