ストレスが悪影響に

2015年2月23日

宿便にも直接関係してくるのが、自律神経です。

排泄物が作られるのは大腸です。大腸は自律神経の副交感神経によりコントロールされていますが、生活の面でストレスを感じたり、緊張するようなことが長く続いたりすると交感神経が優位となり腸の運動であるぜんどう運動が抑えられてしまいます。

交感神経と副交感神経のバランスを大切に

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類がありますが、それぞれの神経が、アクセルとブレーキの関係となり体をコントロールしています。

副交感神経が働くとリラックスの効果があり、消化機能も活動的になり、腸のぜんどう運動も正しく機能しますが、ストレスなどでこれが狂ってくると交感神経がの働きが盛んになってしまい排便が困難となります。

ストレスを溜め込まないように気をつける

ストレスの発散と腸内環境を整えるために、食事を改善していくことが、正常な排便には必要となってきます。

宿便の出し方を試行錯誤して嫌いな食べ物を無理に食べるよりも、ストレスを感じない精神的にリラックスできる好きな食べ物を取り入れた食事環境にする事が宿便の解消になるかもしれません。

まとめ:ストレスが悪影響に

日々の生活でどうしてもストレスがたまってしまいます。これを改善させる為にできることを考えていく対策が必要です。職場環境を変える方法や、プライベートの時間の使い方などを考慮します。

宿便を解消するサプリを飲むと、体に溜まった宿便が出てくるイメージができることで体がリラックスし、消化機能の改善につながる事も考えられます。

Posted by admin