干し柿を食べる習慣に

2015年2月25日

宿便を出す方法として最も簡単な事は、食物繊維を多く摂取することで排便出来る状態にすること。腸の中に入ってきた食べ物を、普通に出すことが出来るようになると腸の中の活性が上がってきます。

そして、今回は食物繊維が豊富なドライフルーツの干し柿について書きます。これらの乾燥した果物のお決まり食材としてはプルーンなんですが、日本人なので干し柿もよく食べるかと思います。(地域によるかもしれませんが)

柿は旬な時期がある

柿は、時期になると価格が安くなることから大量に100個ほど買うこともできるし、田舎から送られてくる方もいるかと思います。そのまま食べると美味しい品種なら生でもいいかと思いますが、ちょっと味が落ちる柿は干し柿にしてしまうと甘くなって美味しくなります。また、しっかり乾燥させた後に冷蔵庫で保管すると2ヶ月ほど持ちます。

大量に作ってストックしておくことで、毎日一定量を食べて自然なお通じを続けることができ、宿便断食をやったり、宿便のお茶や、サプリを試したりと、宿便を取る手段をあれこれ考えなくて済みます。

柿は、皮を剥いて軽く湯通し( カビが発生しにくくなる )、そして紐で結んで吊します。太陽が差し込む位置で風邪通しが良く、雨が降ったときにも濡れない場所です( ぬれるとカビが生えたりしてダメになります )。そして10日~2週間頃に一度揉みます。揉むことで早めに干し柿が完成します。

干し柿を大量に保存しておく対策

後は、自分の好みの柔らかさのところで食べること。そして残りは涼しし場所(又は冷蔵庫)で保存します。干し柿作りは伝統的に毎年の恒例行事としている地域も多いのですが、若い方が好んで食べることは少ないようです。干すことで食物繊維がかなり増えますので実家に干し柿があるなら分けてもらうか、自分で作るようにしましょう。

宿便の出し方としては簡単な食物繊維の食事ですが、デトックスダイエットが同時にできるのでお勧めです。次は他のドライフルーツについてチェックしていきます。

Posted by admin