おなら 【絶食や断食がおならに影響する】

2015年2月25日

宿便が溜まり便が長期間出ていない状態の問題の1つが、おならが非常に臭いことです。

おならが臭くなってしまうのには、ちゃんとした理由があります。その要因を分かっていないと内臓の病気になっている可能性も見逃してしまう可能性があります。

排泄物は、排便されずに長い間残っているとやがて、腸内の悪玉菌( ウェルシュ菌 )が腐敗させます。すると非常に臭いガス( インドール、スカトール、アンモニア )を発生させます。

おならが臭くなる要因を排除すること

臭いおならが出ないようにするには、便を出すことが最も良い方法ですが、排便の間隔が長い方は食事改善をする必要があります。

腐敗が進むのは腐敗する条件が整っているからです。食事に肉が多いこと、そして油分も多いと腐敗が進みます。これを変えるために肉の摂取量を減らすことです。

宿便の影響もおならの臭いに関係している

もう一つは断食などによる影響です。絶食をすることによって、食べ物がお腹の中には入れなくなります。すると、排泄物の中には腸などの細胞が剥がれ落ちた残骸が混じるのです。これらは腐敗がかなり進むので、おならの元となるガスが溜まりやすい状態になります。

なので、絶食をする事によっておならが出やすい状態になるのです。色々な食べ物が混ざっていると中和されて、ガスはそれほど発生しないのですが、腐敗しやすい排泄物が集まることによって、おならが作られる要素は増えてしまうという事になります。

直接断食とは関係なさそうですが、確実におならは増えると考えられるのです。

Posted by admin