自力で排便が重要

2015年2月25日

便が出ない宿便の状態が長く続くと、どうしても薬に頼ってしまいます。

薬を使用しての排便では、薬の刺激により腸をけいれんさせたような状態にして、強制的に出るようにします。このとき人によってはお腹に痛みを伴ったりしますが、悩みの便は排泄されます。これで問題ないように思えますが、この薬を使った排便では、体本来の排便運動が機能していない状態となります。

自力で排泄するためには

便が大腸に増えてくると、腸は大脳に排泄を促す信号を送ります、これを受け取った脳が排便するために便意を催して腸に排便運動を開始するように信号を送ります。そして便を下の直腸へ押し出していき、後は自分の力で押し出すという運動をします。

これは、気にしなくても生まれながらに自然とやっている運動で、本来なら数日に一回は必ずやっているので、衰えることはありません。

ですが、薬を使用しての排便の場合、これらの機能を使うことなく排泄しますので、排便の運動機能を使わなくなり、これを繰り返すことで機能が衰え、排便がさらに困難になってきます。薬で宿便を出すと、次も排便できずに薬を使用すると悪循環に陥ってしまいます。

自力排便の習慣にしていくこと

どうしても出ないときの手段として、薬をキープしておくことは必要ですが、毎日~2、3日おきに1年中飲んでいる方などは注意です。排便の機能は日々衰えていきます。

出来るだけ、薬を使用しない方法を試し、困難な時には宿便のサプリで状態を改善させるようにします。薬で強制的に排便するのは、最後の手段であることを覚えておきましょう。

食べ物、水、生活習慣、運動、ストレス解消、お腹のマッサージ、お腹ぽっこりなら宿便 断食なども試してみることです。食生活に何の変化がないのに急に長期の便秘に悩まされるようになった場合は、他の病気が絡んでくる可能性がありますので、病院で相談することが望ましいでしょう。

どうしても排泄できないときには

宿便を出すには、宿便解消の薬を使ったりプチ断食を実行したりと良い方法や、仕方のない方法がありますが、実際に出そうになったときに困ることがあります。

それが、肛門付近まで便が来ているのに、どうしても出てくれないときです。

腹式呼吸は自力排便に有効である

私が以前に聞いたことのある方法は、腹式呼吸をすることでした。ただの腹式呼吸ではなく、お腹の下側に重心を置くイメージで息を吸うときにはおへその下辺りが膨らむようにして、吐くときに肛門付近から便を押し出すように力を集めます。

普段私達がやってしまう呼吸を止めて、いっきに力む方法だと便を出す力が肝心な部分に集中できなかったりします。肛門に力を一点集中ではなくて、おへその周辺からマッサージしながら押し出していくイメージが楽に便を出す方法になります。このとき、両手で下腹を押さえたりマッサージしたりすること。

また、便座に座った姿勢は前傾姿勢で、足先は出来るだけ後方に位置して、つま先立ちの様に足先だけ地面に付けます。ふくらはぎや、ももにも力が入るような格好になります。この状態だと便を出す力が集まりやすくなります。

この姿勢と腹式呼吸をする便を出す方法が有効となります。背筋を伸ばすと便を出す力が、校門付近に集まりやすいのです。覚えていて損のない方法となります。

毎日の生活習慣の改善も考慮する

宿便の改善とは関係なさそうですが、便が長期間腸内に溜まっていると余分に水分が吸収されますので、非常に硬くなります。硬くなった宿便を出す方法は、水分を多く保持できる食物繊維の食事をすることや、宿便改善に有効となるお茶を飲むことなどです。

ただ、肛門付近で固まった感じになってしまうと最終手段の浣腸などに頼る事になります。お茶やヨーグルトなどで環境を整えること、宿便を取るサプリなどで出しやすい状態にすることが必要になります。

水分を多く摂取することも重要となりますが、その多くは腸へ届くまでに吸収されるので、それよりも食事の中に食物繊維の多い食材を使っていくことがよい考え方となります。

Posted by admin