どこにあるの宿便って?

2015年2月25日

宿便のことを全く知らない方は、宿便が普通の便とは全く別物と思っているようで、「宿便ってどこにあるの?」って質問があったりします。

宿便を語るには、宿便と普通の便の違いをはっきりさせる必要がありますね。その前に質問の答えを先に言うと、お腹の中が正解。大腸の中ですね。というか、普通の便が流れてくるルートとなんら変わりません。

まずは宿便という言葉の意味から

なぜ宿便と言われるのか?というところが明確にならないと中身がはっきりしませんね。宿便と言われているのは、腸の中でなかなか出てこない詰まり気味になっている便のことです。

私達は、ストレスが溜まったり、疲労、またはホルモンの影響などもあって腸の働きが停滞してしまうことがあります。基本となる原因はここを改善する必要があるのですが、今回は宿便の話なので飛ばします。

腸の働きが上手くいかない状態なので、食べ物が口から入ってくると、胃や腸は困ります。いつものように処理していますが、食べ物が入ってくる量・速度についていけなくなってしまいます。ここで排泄物の処理が延滞してしまいます。

どこにあるのか明確にすべきである

レンタルビデオショップからDVDを借りてきたが、まだ見ていないのに次のDVDを借りてきた状態ですね。処理が遅い状態なので、どんどん溜まる状態になります。この排泄物が溜まってしまうことを滞留便といいます。

宿便はこの滞留便のことです。私達は宿便と言いますが、病院のお医者さんの間では、宿便という言葉は使わずに、滞留便という言葉を使います。

そして、この宿便を出すためにはどうするか?と考えると、答えは簡単です。どんどん入っていく食べ物を止めてしまうことです。宿便の断食をすることで、胃や腸の働きが落ち着きます。休むこともできるので、本来の活動力が回復してきます。

生活スタイルによっては宿便が大量にたまることも

その後、数日の間には、溜まりに溜まった宿便が、ドッサリ排泄されることがあります。宿便の状態になるのは、ストレスや運動不足、食べ物の選択ミスだったりと多くの要素が影響します。人それぞれ体質の違いがありますので、食事内容と生活スタイルは自分でベストな状態を見つけていくことで宿便解消することができます。

宿便を出す方法は、食事に加えて宿便を取るサプリを使ってみることです。薬と違い、お腹への刺激の少ない自然の原料のサプリにします。その他、宿便のお茶などもあります。

テレビなどで宿便を説明することがなくなった

宿便という言葉は、最近ではあまり使われなくなってきていますが、それでもテレビ番組で宿便について説明を見ることがあります。それの内容は健康な(普段から排便が出来ているような)方でも数キロの宿便が溜まっているということです。

しかし、これは宿便の説明としては かなり古い部類ですね。昔ながらの腸の壁に便が張り付いている状態。とか、排泄できている人も2~3キロはいつも溜まったままになっている・・・という説明と同じです。

宿便がどこにあるのか明確にできないこと

宿便を出すための宿便解消の薬だったり、宿便を取るサプリの営業的なテレショップならよくある光景だと思いますが、この番組は普通のバラエティ関係の番組でした。こういうのって視聴者からクレームが入らないのでしょうか?

宿便はと言う人も沢山いる中で、滞留便の説明ならまだしも、宿便のことについての説明なのでなおさら大丈夫か?って思ってしまいます。

腸の働きが停滞してしまい、食べ物の処理が遅れてしまい排泄物が溜まってしまうことを滞留便と言いますが、これだと医学的にも有りとされている問題のない言葉なのです。なので宿便はNGとする人も多い。

便が出た分だけ痩せる・・は間違い?

ですが、デトックスは宿便を出すことと言われたり、宿便でダイエットすること。(つまり、出した分だけダイエット出来る)など、便秘と宿便の違いが分からないくらいに普通に使われています。

大腸の内視鏡検査を受けた人なら、常にお腹の中に黒い色の宿便が溜まっているなんて有り得ないことが分かりますが、普通に有ると考えている人にとってはだまされているような変な感覚になってしまいます。

Posted by admin