医者の考え方とは

2015年2月25日

宿便については、病院に行って使うと、「あいまいな言葉」とか、「あえりない:存在しない物」として捉えられます。宿便とは想像で作った物で実際には存在しないという考えですね。

ですが、医者の中には、宿便を存在しているという方向で考える医者もいます。宿便を出すことで、体から毒素が出てくるので体調か改善するなどと説明します。

宿便を肯定する医者に説明を受ける

長期間 便が溜まっていると腐ってしまいますので、ガスと有害物質が発生します。これが腸の壁から吸収されて血流に乗って流れていきますので、いくつもの体調不良の原因となります。

皮膚がくすんできてニキビになったり、ガサガサになって肌の調子が悪くなります。これも汚れた血液による影響で、怠さを感じたり、冷え性が悪化するなどの影響があります。医者によっては、何時までも溜まっているので宿便と言ったのかもしれませんが、私達としては宿便は聞き慣れた言葉なので、これからも使って欲しいですね。

医者は滞留便という言葉を使うことが一般的である

滞留便という言葉がありますが、通常はこれが使われます。腸の働きが停滞してしまったことが原因で、食べたものが処理されず(処理までに時間がかかってしまう)、そのために胃から腸にかけての排泄物を作る行程で渋滞が発生してしまいます。

排泄も出来る状態だが、腸が上手く処理してくれないので、口から入った食べ物は、ゆっくりと処理され、そして、僅かに処理された排泄物は出てくるという状態ですね。まさに大半の便がいつも滞留している状態となります。

医者は宿便という概要は理解している

医者としては私達がイメージしやすく聞き慣れた言葉で「宿便が溜まりすぎているので出すようにした方が良い・・・」などと言うのでしょう。恐らくは医者同士の会話では、宿便なんて使わないはずなので、私達に理解しやすいように宿便・・・と言っていると解釈することもできます。

よく医者が年寄りの患者さんに向かって方言で喋っているのを見たことがあります。患者とのコミュニケーションは大事ですから、医者の方が、話しやすいように気を遣っているのですね。

患者が分かりやすいように説明している

このようなことを考えると、医者が宿便と言っていたとしても何も不思議ではありません。宿便がであるなどの話も、何のことを宿便と捉えているかということが関係しています。

数ヶ月も腸の壁に便がくっついてという事を誰かが言い始めたことによって、宿便が全否定されるようになってきました。宿便について確実な証拠がないことから、適当なことを言い始めてしまったということですね。

Posted by admin